たくましく生きる

息子と二人暮らし。毎日いろいろありますが、人生なんとかなってます。

まさかの遭遇

明日土曜日の運動会の振替で、学校がお休みです。

 

さすがに4連休は取りづらかったので、出勤することにしたのですが、二学期から火・木は放デイが利用できないため、息子は一人留守番することになります。

冬休みに備えて、少しずつ練習していかないといけないのですが、来週も祝日で、いきなり二週連続でお留守番は可哀想かな…

 

というわけで、今晩から実家にお世話になることにしました。

 

f:id:s-hua:20190916221525p:plain

夕方アパートを出て、高速を使わずに国道を走って向かっていたのですが、ふとバックミラーを見ると、どこかで見たような車とナンバー。


 

 

元夫が後ろにいる!!

 

 


いつから後ろにいた!?

 

 

実は、運動会の最中に不在着信がありました。

何の用があるのか知らないけど、もういい加減、そっとしておいてくれないだろうか。

 

追いかけてきたらどうしよう…

 

と思いきや、突然、異常なまでに車間距離を取ってきました。

 

気付いてなかったかな。

いや、気付いて距離を取ったのか?

 

どっちにしろ、360円の高速代をケチって国道を走ったから起きたこと。

今日のような、まさかの遭遇が起こらないためには、お金払ってでも高速走って避けるしかなさそうです。

 

落ち込むわ…

メルカリ出品で思うこと

メルカリ断捨離は、この3連休でひと段落。

s-hua.hatenablog.com

 
家の中に眠っていたものをかき集めて20点ほど出品したのですが、ゴミ箱行きだった物が14,000円にもなりました!!!

ひとしきり遊んだ息子のおもちゃなど、また売れそうなものが見つかったので、ぼちぼち出品したいと思います。


今回、初めてのメルカリを使って売買をしたのですが、顔の見えない相手とのやり取りにこそ、誠実で丁寧な対応が必要だと感じています。

物のやり取りだけじゃなく、大切なお金が動くので、お互いに安心して取引したいのは当然のこと。


コメントでのお問い合わせや、取引中のメッセージのやり取りなど、文面一つで印象が左右されます。

特に購入者は、品物が手元に届くまで「本当に大丈夫かな…」と心配になるものです。


送料を安く抑えたい気持ちもありますが、万が一のことを考えると、確実にお届けできて、補償もつく配送サービスが安心なので、基本「メルカリ便」という匿名配送を利用しています。

f:id:s-hua:20190916130059p:plain


メルカリ便には、クロネコヤマト「らくらくメルカリ便」と、郵便局の「ゆうゆうメルカリ便」がありますが、どちらも購入者/出品者双方の住所、氏名は分からないため、プライバシーが保護されます。

また、送り状の番号により、配送状況もわかるため、今どのあたりに品物があるのかも把握することができます。

 

届いた時にどんな状態だったら嬉しいか。

 

それを考えながら、出品するときは梱包にも気を使い、できる限りの誠意をもって、お互いに気持ちよくお取引ができるといいな、と思っています。

 

そんな中、先日発売された米津玄師のNEW SINGLE「馬と鹿」に入っていた、ライブのシリアルナンバーが、メルカリに出品されていました。

s-hua.hatenablog.com

CDなど品物の発送はせず、シリアルナンバーだけをメッセージでお知らせします、というもの。 

 

シリアルナンバーの第三者への譲渡等は禁止されているにも関わらず、需要と供給ってあるんですよね。

f:id:s-hua:20190916125258j:plain


何枚も応募したところで、必ずしも当たるわけでもないし、もうこれは運。

 

結果を待つのみ、です。

運動会、息子の成長に涙

毎年、この三連休に行われる「秋の運動会」

二年連続で初日は雨で延期になりましたが、今年はとてもいい天気で、朝から汗だくになりながらの応援になりました。


二学期が始まってから、毎日のように運動会の練習を重ねてきた息子。

出場種目は、80m走、学年競技のダンス、リレー。

 

80m走は、6人中4位。

ゴールまで走り切ったことで十分です。


学年競技のダンスは、実は練習で足を痛めてしまいました。

それでも、整形外科を受診して湿布を貼りながら、一生懸命みんなと一緒に振り付けを覚えて迎えた本番。

本当によく覚えたと思います。

 

リレーは、前のお友達を抜こうとした時、足が絡まって転倒。

持っていたバトンも、遠く投げ飛ばされてしまいましたが、すっと立ち上がってバトンを拾い、次の走者につなぎました。

f:id:s-hua:20190914201119p:plain


 

母は、その姿を見て、もう、号泣です。

 

自己肯定感の低い息子は、今までだったら、転んでしまった時点で、走ることをやめていたかもしれない。

知らないうちに、こんなに成長してたんだな。って思ったら、涙腺は崩壊してしまいました(´;ω;`)

 

転んだ時に、チームや周りの声援も力になったのだと思います。

汗だくの上に、涙で化粧も日焼け止めもぜーんぶはげてしまったグダグダの顔で、最後まで見届けました。

 

 


母は、とっても嬉しかった。

この日のために、準備をして下さった先生方にも感謝感謝です。

色別対抗でチームも優勝し、息子にとっても「みんなと一緒にやり切った」という充実感で、本当に思い出に残る運動会でした。

 

帰って来てから、思いっきり褒めて、思いっきりハグしてやりました♡

頑張ったご褒美は、本日発売の「コロコロコミック

ケラケラ笑いながら読んだ後、撮影したビデオを一緒に見ました。

 

次はマラソン大会、それが終われば学習発表会の練習が始まります。


二学期は、息付く暇もないくらい大忙しですが、また来週から元気に通ってほしいと思います。

離婚記念日

離婚が成立して、今日で5年になります。

f:id:s-hua:20190912212403p:plain


本当に色んなことがありましたが、振り返ればあっという間の5年。


一人で動いて決めてきたことも、今ではいい経験です。

 

 

仕事もあって

住むところもあって

ご飯も食べれて

たまに好きなことも楽しめて

 


最近は、少し体調の心配はあるものの、

さほど大きな悩みも心配もなく、こうして毎日過ごせることは、

本当に有難く、幸せなことだと思います。

 

なんでも、上を見ればきりがない。

 

「何を望むか」だと思いますが、今のわたしたちにとっては、きっと十二分。

これ以上望んだら、罰が当たりそうです。

 

なんとかなる。


いつもそう思っているから、結果として、今こうしてなんとかなってます。

 

これからも、息子と二人で楽しく生きていこうと思います。

米津玄師「馬と鹿」届きました!!

ついに届きました!!

s-hua.hatenablog.com

 

米津玄師 NEW SINGLE「馬と鹿」

先着特典で初回限定盤 CD+DVD (映像盤)に、 ラバーバンド付き♡

f:id:s-hua:20190912075638j:plain
f:id:s-hua:20190912075940j:plain

 

早速、息子と二人で聴きました。

これで、毎日の通勤がまた楽しくなります♡♡♡♡


さらに!!

 

初回封入特典で、「米津玄師 2020 TOUR / HYPEチケットの最速先行シリアルナンバーが入っています。

このライブから3歳以上から入場できることになった上、保護者同伴の小・中学生を含むグループ限定の「ファミリー席」が設けられています。

大人は着席での観覧になりますが、背の低い子どもが大人に紛れて前が見えないということがなく、映画館のような感じだそう。

スタンディングで盛り上がりたいところもありますが、息子も一緒に楽しめまないと意味がないので、迷わずファミリー席で申し込みました。

 

抽選結果は26日。

当たってないのに、行く気満々です。笑

 

身体のだるさとめまいの原因

すっぽん小町を飲んでも、やっぱり身体がだるく、日中も目が回るようなめまいが続いているのですが、先日、職場で受けた健康診断の血液検査の結果が返ってきて、どうやら貧血の疑いあり。

f:id:s-hua:20190911070509p:plain


抑肝散もなくなるので、婦人科受診をして先生に相談しました。


検査結果を見て、案の定「鉄欠乏性貧血」と診断。


女性の基準値は、11.2~15.2だそうですが、結果は「10.8」


数値は大幅に下回っているわけではありませんが、鉄剤が処方されました。


職場の血液検査は簡易的なものだったので、もう少し詳しく調べるために再度採血し、結果は1週間後です。

 

抑肝散は、イライラの症状が少し落ち着いてきたことと、胃腸が弱いということもあって「抑肝散加陳皮半夏」に変更されました。

併せてめまいの薬とグランダキシンは継続することに。

 

処方薬にサプリメントに、色々飲み過ぎなところもあるので、これを機に、本格的に体質改善のための食事も見直す必要がありそうです。

旗当番で思うこと

町内の子供会では、「旗当番」という通学時間帯の見守り当番があります。

通学時間帯の7:30~8:00までの間、車の往来が多い場所で保護者が旗を持って子どもたちの安全を見守るのですが、旗当番をしていると色々感じることがあります。

 

f:id:s-hua:20190910072759p:plain

小学生だけでなく、中学生、高校生、大人の方も横断歩道を渡って行く中、挨拶をしてくる子どももいれば、会釈だけの子ども。

中には、「〇〇くんのお母さん!」と声をかけてくれるお友達もいます。


こちらは、朝の見守りおばさんなので、子どもたちに「行ってらっしゃい、気を付けてね」と声をかけるのですが、このご時世です。

旗を持って、たすきをかけているからこそ、「安全な人」と認識されますが、旗も持たず、たすきもかけてない姿で下手に声をかけると、「不審者」と通報されかねない。

学校では、「声をかけられたら逃げる」「学校に伝える」と指導されているかもしれません。


実際、息子の校区内でも頻繁に不審者情報が寄せられ、注意を促すお知らせがメールで届きます。


とはいえ、こうして保護者の他にも、地域のボランティアの方や民生委員の方たちが関わってくださるからこそ、守られる子どもの命もあります。

 

多くの大人の目で、子どもたちが安全安心に登下校できるように、できることはお手伝いしたいと思っています。