たくましく生きる

毎日いろいろありますが、人生なんとかなってます。

「書く」ことは、心のデトックス

ToDoリストには色んな方法がありますが、
わたしはスマホやパソコンではなく、
A5サイズのノートに書き出して
毎日持ち歩いています。


見開き1ページを1日分として、
その日やることを書き出して、
タスクが終了すると消していくのですが、
予定外のことが入ると、
全部こなせず、翌日以降に
持ち越してしまうこともしばしば。


それでも、ふと思いついた時に
追加ですぐ書き込めるし、
視覚的に漏れがないか確認しやすいので、
自分にはこの方法が合っています。

f:id:s-hua:20210515154257j:plain


ところで。


「書く」という作業は、
自分の考えを整理する上でも、
とても大切な方法だと思います。


イライラしたとき
悲しいとき
苦しいとき
悔しいとき


気持ちを文字にすることは、
自分の気持ちと向き合うこと


書いているうちに、
「こんな気持ちだったんだ」
と、気付くことがたくさんあります。


相手があることであれば、
「こういうことが嫌だったんだ」
「本当はこうしてほしかったんだ」
と、だんだん整理ができてきます。


わたし自身、
本当は思っていても、
口には出せない気持ちが
心の中でたくさんたまっています。


キャパオーバーになって
つぶれてしまう前に、
心の中にあるモヤモヤする気持ちを
全部書き出すこと。


書いたものは、
ぐちゃぐちゃに丸めるのもよし。
ビリビリに破ってもよし。
ハサミで切ってもいいし、なんなら
シュレッターにかけちゃえばいいのです。


言葉に出してしまうと、
引っ込みがつかなくなる場合があるので、
嫌なことはぜーんぶ書きなぐって
捨ててしまえば誰にも分からない。


大事なのは、
自分の気持ちを
自分で受け止めてあげることです。


それは、
自分を大事にすることにも繋がります。

  

f:id:s-hua:20210515154129j:plain

「書く」ことは、心のデトックス


早くも梅雨入りしましたが、
みなさま、よい週末をお過ごしください♬

わたしの「リコカツ」

金曜ドラマ(TBS系22:00~放送)
『リコカツ』


〇〇活という言葉が使われるようになって、
なんでもかんでも
活動すればいいものではないですが、
「何かに向けて前に進んでいる」
という意味では、
とてもポジティブだと思います。


リコカツ=離婚に向けた活動で、
ドラマの内容も興味はありましたが、
一番の視聴理由は、言わずもがなで
「主題歌が米津玄師」だから。


毎回、終盤のいいところで
「ずっと…」
と入ってくる米津ボイスがたまらない♡


新曲「Pale Blue(ペールブルー)」
6月16日に発売が決まりました。

f:id:s-hua:20210509214328j:plain


素敵なラブソングを携えたドラマは、
回を重ねるごとに、面白くなっています。


結末はどうなるか分かりませんが、
形だけに捉われず、
「本当の幸せってなんだろう」
と考えさせてくれるドラマのような
予感がしています。


そんなわたし自身のリコカツといえば、
息子が生まれてから国家資格を取って、
正職で再就職を決めたこと


今思えば、もう少し他のことも
準備しておけばよかったかな、
とは思いますが、
まずは、働く場所と住む場所があれば、
なんとかなるものです。


離婚は、間違いなく
結婚より大変です。


ですが、離婚は結婚と同じく、
「幸せになるための選択」
でもあります。


離婚は決して悪いものではないし、
結婚していることが幸せとは限らない。


離婚したからこそ、
気付けたこともたくさんあるし、
今の方が、心は幸せです。


人生一度きり。


後悔しない人生を送りたいです。

縁切り

どうにもこうにも、
八方塞がりの状況を打破したくて、
「導き(道開き)」と「縁切り」の
神様にお詣りしてきました。


導きの神様が祀られている
出雲國二ノ宮佐太神社と、
佐太神社の摂社で
縁結びと縁切りの神様が
背合わせに祀られている「田中神社」

s-hua.hatenablog.com

s-hua.hatenablog.com

 
御利益はお墨付きです( *´艸`)


特に今回は、縁切りがメイン。

f:id:s-hua:20210508140016j:plain

自ら招いたものもありますが、
もはや自分の力では、
どうすることもできなくなりました。


とはいえ、切りたいと願う縁が
どんな悪縁であったとしても、
自分にとって学びを得るために
神様が結んで下さったご縁です。


それを、自ら切りに行くというのは、
やはりどこか心苦しいもの。


そのため、縁切りを願うときは、
相手との縁を切るだけでなく、
相手の幸せも願うとよいそうです。


自分のことばかりお願いするのではなく、
周りの人の幸せも願うことで、
御利益があるんですね。


手を合わせて願うと、
心がふっと軽くなり、
何かが抜けたような感覚になりました。


自分の「心の在り方」
悪縁を招いていたのかもしれません。


お詣り後は、
参道脇にある喫茶で
出雲そばと、3色ぜんざいを頂きました。

f:id:s-hua:20210508135119j:plain
f:id:s-hua:20210508135111j:plain


目の前に起こる出来事は、
自分の心や行いが作り出したものが
反映されているように
思うことがあります。


何かが上手くいかないときは、
自分の言動を見直すチャンス。


先月末にお詣りして、
GW明けた頃から、
少しずつ状況が好転してきています。


神様、ありがとうございます♬

変わらない場所と距離感

2年前に始めたはてなブログ


とりとめもないブログに
読者登録してくださる方が増えて、
実際に読んでくださっている方は少数でも、
目に留めて頂いていることは
本当に有難いと思っています。


ソーシャルメディアは、
はてなブログ一本で、
TwitterInstagramはやっていません。


Facebookは、何年も前にやっていましたが、
つながりが増えてくるにつれて
リアルな友人の投稿に
「いいね」をすることが、
義務のように感じてしまい、
自然にフェイドアウト
アカウントはそのまま放置して、
今に至ります。


だいたいが、熱しやすく冷めやすいし、
なんせ気まぐれなので、
ブログも毎日投稿するかと思えば、
突然、間が空いてしまったり。


それでも、変わらず読んで下さったり、
ふっと戻れる場所があるって、
なんとも心地よくて幸せだな、と思います。

 

なんでもそうですが、
「距離感」って、本当に大事。


はてなブログに関しては、
ある程度自分自身で
上手く距離感が取れているからこそ
続けられるのだと思いますが、
これがFacebookのように
自分の中で義務化になってしまうと、
きっと、苦痛になってしまいます。

f:id:s-hua:20210505141643p:plain

もしかしたら、
ブロガーの皆さんも経験されたことが
あるのではないかと思いますが、
期待が大きくなると、
数字に一喜一憂したり、
結果が見合わないと、原因を探してしまう


振り回されていると感じたり、
疲れるな…と感じる時は、
意図的に距離を置くことも必要。


書きたいときに、書きたいことを書く
書きたくないときは、思い切って休む


それに気付いてからは、
本当にマイペースな更新になりました。


他人軸ではなく、自分軸で。 

 

【過去記事です】

s-hua.hatenablog.com

s-hua.hatenablog.com

s-hua.hatenablog.com

訃報

先日、元夫の祖母が亡くなったという
情報が入りました。


おしゃべり好きで、
仲良しのお友達がいつも遊びに来ていて、
俳画をしたり、お抹茶を立てたり、
地毛に合わせて、
グレーヘアーのウィッグを付けたり、
とってもハイカラなおばあちゃんでした。


3年間ほど、元夫の実家で
三世代同居をしていたのですが、
わたしや息子のことを
色々と気にかけてくれてました。


ただ残念なことに、元義母と仲が悪くて、
いつもわたしは伝書鳩


ご飯ができれば、
「おばあさん呼んできて」


お風呂がたまれば、
「おばあさんに言ってきて」


みんなで鍋を囲んでると、
「おばあさん、取り過ぎ!!」
と、叱られてたこともあったっけ。


よく涙を流しながら、
県外に住む息子(長男)に
電話をしていたのを覚えています。


二人の間に何があったのかは
よく分かりませんが、元義母は
相当な恨みを持っていたようです。


結果的に、わたし自身も
そんな環境に耐えられなくなって、
同居を解消したのですが、
その時のことが色々思い出されて
フラッシュバックしそうなので、
話を戻します。

 

おばあちゃんは、離婚してからも、
度々電話をくれていました。


電話番号が表示されると、
出ていいのか悩むこともありましたが、
その電話が、おばあちゃんが
健在であることを確かめる
唯一の方法でもありました。


それが、3~4年ほど前から
ピタッとかかってこなくなり、
「もしかして…」
とは思っていました。


元夫によると、施設に入所して、
入院を繰り返していたようですが、
最後は、老衰だったそうです。


90歳の大往生でした。


実家の母にも伝えたところ、
新聞のお悔やみ欄に記載があったとのこと。


色々思い出してしまい、母からも
「なんか悲しいね」とラインが来ました。


コロナ禍もあり、葬儀は家族葬
流れ焼香だったそう。


葬儀当日は、
朝からとんでもない暴風雨でしたが、
出棺の時には、
晴れ上がったと聞きました。


おばあちゃん。
これでやっと、
天国のおじいちゃんと逢えるね。

f:id:s-hua:20210505141640j:plain


離婚をすると、
元パートナーの親族との付き合いは
どこまでするのか悩むところではあります。


基本的には、離婚後は他人なので、
深い付き合いは必要ないですが、
知った以上は無視することもできない。


せめてできることとすれば、
香典の代わりにお供えのお花と
お線香を送るくらい。


最近は、ブリザーブドフラワーと
お線香のセットがあるので、
頃合いを見て送ろうと思います。

不安の原因は「情報過多」

仕事復帰前も、復帰後も、
わたしを苦しめる不安の原因。


それは、


「情報過多」


でした。

 

f:id:s-hua:20210505141645j:plain

自分が欲しくもない情報が
否応なしに入ってくる。


聞きたくもない愚痴や不満、
特定の人に対する批判。


自分が満たされないからと、
そのはけ口として
陰口や噂話が溢れかえっていることが、
過度な不安につながっていたのです。

 

陰口や噂話をする心理

残念ながら、人が集まるところには、
陰口や噂話はつきもの。


特に、女性が多い職場では
よくある話ですが、
その心理を考えてみると、
次のようなものがあります。


〇自分に自信がない

〇嫉妬、羨ましい

〇責任転嫁することで、自分を守る
  →他者を批判して評価を下げ、
   優位性を保つ

〇被害者意識が強い

〇仲間外れ(標的)にされたくない

〇「代弁者」と勘違いしている

 

対応法

色々聞こえてきても、
「へぇ~そうなんですね」
「よくわからないです」
と、絶対に同調はせず、
出来るだけ早く、その場を去ることです。


反応が薄い人に対しては、
盛り上がりに欠けて面白くないので、
「コイツに言ってもつまんないな」
と、そのうち言って来なくなります。


逆に、同調してしまうと、
仲間に引きずり込まれ、
抜け出せなくなります。


そして、周囲からは、
「陰口・噂話をする人」
烙印を押されてしまいます。


もし、自分に対して陰口を言われたり、
噂を流された時は、
反論したり、落ち込んでしまうと、
その様子をまたネタにされてしまうので、
「そんなこと言われてるんですね~」
と流しておけばいいです。


心の中では、
「満たされなくて、可哀想だな」
と思うと、気にもならなくなります。

 

さいごに

陰口や噂話をする人に振り回されるのは、
体力と気力と時間の無駄。


そもそも、他人のことをあれこれ噂したり、
勝手に情報を漏らしてしまうような人は、
口が軽いので信用されないし、
重要な仕事は与えられません。


それに、仕事中に誰かを捕まえて、
陰口や噂話をすることは、
業務を妨害する迷惑行為なので、
そこに給料が発生していることを
指摘される可能性があります。


たとえそれが休憩時間であろうと、
相手の大切な時間を
奪っていることには変わりない。


当事者であろうとなかろうと、
目に余る時には、
職場のコンプライス部門に相談することも
一つの方法だと思います。


陰口や噂の出所が分かれば、
いつか本当に信用を失ってしまうはず。


自分に必要ない情報はシャットアウトして、
目の前の仕事に集中するのが一番です。

 

今日も一日、心穏やかに過ごせますように♬

現実逃避

広告でやたらと出てくる
「めちゃコミック(めちゃコミ)」

sp.comics.mecha.cc

めちゃコミック(めちゃコミ)はCM・広告や口コミで評判の国内最大級の電子書籍・漫画ストアです。スマホの画面に1コマずつ大きく表示するので読みやすくて、わざわざ拡大しなくても片手でサクサク操作できます。話題の新作や感動の名作からめちゃコミック(めちゃコミ)でしか読めないオリジナル作品まで充実の品揃えで無料試し読みも可能。気に入った漫画は1話30ポイント(30円相当)の値段から気軽に読めます。


電子漫画は購読したことがないのですが、
たまたまクリックして
無料で立ち読みした漫画が
何気におもしろくて、
続きが気になりつつも、
登録を悩んでいました。


GWはどこにも出れないし、
たいしてやりたいこともないし、
楽天ポイントが貯まっていたのもあって、
会員登録&ポイント購入し、
ついに、一気読みすることに(*´▽`*)

 

会員登録すると、
月額330円(30ポイント)から購入でき、
1話30~50ポイント(30~50円相当)で、
購入した後に会員登録を解除しても、
購入した漫画は読むことができます。

 

今ハマっているのは、
建設現場で働く女子が
ランチ友達のイケオジに告白されて、
お試しのお付き合いをするという、
なんとも非現実的な設定なのですが、
心が乱れている今のわたしには、
現実逃避の時間も必要。

f:id:s-hua:20210504115830p:plain

【3話無料】全力で、愛していいかな? | 漫画なら、めちゃコミック

【あらすじ】
建設現場で働く篁千世(たかむらちよ)は、自分が疲れきって渇いていると気づいていた。上司はうるさいし、部下男子も自分勝手で、もう男に夢を見る齢でもない。一人が気楽で、何かを変えたくはなかった。だったのに―「僕に、君を全力で愛させてくれるかい?」ただのランチ友達のおじさん、と思っていた瀬尾一愛(せおいちか)から告白された。瀬尾は優しくて、熱くて、本当は雄で―。熱烈なのに包み込むような愛情を注がれて、どうしたらいいかわからない。大人同士なのに、好きってどうすればいいんだっけ?体で熱は感じ合うけど、初恋みたいに苦しくて楽しくて。30女子と40男子の世界が、今さら新しく『恋をすること』で回り出す。

 
意外に没頭できるし、
他にも無料で読める漫画が
たくさんあるので、
おうち時間の過ごし方におススメです♬