たくましく生きる

息子と二人暮らし。毎日いろいろありますが、人生なんとかなってます。

米津玄師がプロデュースした3曲「パプリカ」「まちがいさがし」「カイト」に思うこと

昨年末の紅白歌合戦

直前に、米津玄師は「映像のみの出演」と明言していたので、その映像と、プロデュースした3曲を心待ちにして大晦日を迎えました。

 

パプリカ

12月30日にレコード大賞を受賞したFoorinが、Foorin team Eと共に「パプリカ」を披露してくれました。


<NHK>2020応援ソング「パプリカ」ダンス ミュージックビデオ

 


Foorin team E - Paprika(Full)


国境を越えた繋がり。

英語の歌詞もすっかり覚えてしまい、口ずさんでいると息子が「?」みたいな顔をして見てきますが、日本語がどんなふうに英語に訳されるのか、単語も覚えるいい機会なので、教えようかな…と思っているところです。 

 

まちがいさがし

レコ大でも、特別賞を受賞して映像出演した米津玄師が、“友人である菅田将暉のために作った”というまちがいさがし


菅田将暉 『まちがいさがし』

 

初めてこの「まちがいさがし」を聴いた時、歌い出しの歌詞がとても胸に突き刺さりました。

まちがいさがしの間違いの方に
生まれてきたような気でいたけど
まちがいさがしの正解の方じゃ
きっと出会えなかったと思う


ふさわしく 笑いあえること
何故だろうか 涙がでること


きっと、色んな解釈があると思いますが、米津玄師が菅田将暉に出会ったことで、見つけたものがあったんだろうな…

そんな風に、わたしは感じ取りました。


まちがいさがしって、「普通/普通じゃない」「正解/不正解」どちらにも取れると思うのですが、どちらであっても、見つけるもの、気付くものって必ずある。


普通だったから見えなかったもの

普通じゃなかったから見えたもの


正解だったから気付けなかったもの

不正解だったから気付いたもの


どちらがいい、というのではなく、どちらもいい。

奥の深い、とても素敵な楽曲です。

 

カイト

NHK2020ソングとして、嵐が国立競技場で初披露した「カイト」

s-hua.hatenablog.com

 

嵐と米津玄師の奇跡のコラボが実現しました!!!

対談の映像を見ても、夢みたいな空間ですね。

f:id:s-hua:20200102100224p:plain

嵐×米津玄師、NHK2020ソング“カイト”制作風景やSP対談の模様を『紅白歌合戦』で放送 (2019/12/30) 邦楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

 

 

NHKのホームページでも『カイト』スペシャルムービーが1月1日(水)午前0:00公開されました。


NHK2020ソング 「カイト」 スペシャルムービー

 

sports.nhk.or.jp

   

米津玄師 作詞・作曲

NHK2020ソング「カイト」


小さな頃に見た 高く飛んでいくカイト
離さないよう ぎゅっと強く 握りしめていた糸


憧れた未来は 一番星の側に
そこから何が見えるのか ずっと知りたかった


母は言った「泣かないで」と
父は言った「逃げていい」と
その度にやまない夢と
空の青さを知っていく


風が吹けば 歌が流れる 口ずさもう 彼方へ向けて
君の夢よ 叶えと願う
溢れ出す ラル ラリ ラ


小さな頃に見た 大きな羽のカイト
思い出よりとても古く 小さな姿でいた


憧れた未来は いつもの右ポケットに
誰も知らない物語を 密かに忍ばせて


友は言った「忘れない」と
あなたは言った「愛してる」と
些細な傷に宿るもの
聞こえて来る どこからか


風が吹けば 歌が流れる 口ずさもう 彼方へ向けて
君の夢よ 叶えと願う
溢れ出す ラル ラリ ラ


嵐の中をかき分けていく小さなカイトよ
悲しみを越えてどこまでも行こう
そして帰ろう その糸の繋がった先まで


風が吹けば 歌が流れる 口ずさもう 彼方へ向けて
君の夢よ 叶えと願う
溢れ出す ラル ラリ ラ


ラル ラリ ラ
ラル ラリ ラ

 

お気付きになった方もいらっしゃるかもしれませんが、パプリカの歌詞にもある“一番星” “らるらりら”が、「カイト」の中でも使われています。


そもそも、一番星って金星のこと


オリンピックで「金」メダルを連想するものであったり、一番になりたいという夢を応援してくれています。

 

 

「生かされている」「許されながら生きてきた」という米津玄師の言葉。


人と人との繋がりだったり、自分の原点だったり。


人は、どんなに強がっていても、一人じゃ生きていけないことを気付かせてくれるメッセージが詰まった一曲です。


2020年は、きっと記憶に残る1年になるんでしょうね。

そして、わたしたちは、夢が叶った米津玄師のLIVEまで、あと1か月です♡