たくましく生きる

毎日いろいろありますが、人生なんとかなってます。

お金を盗ってしまいました②

放デイで、お金をポケットに入れてしまった息子。

s-hua.hatenablog.com

 

車の中で考えていた時、実は思い当たることがありました。

 


2週間ほど前に、学校から本を借りてきて、


「おこづかいちょうだい」と言ったことがあります。

f:id:s-hua:20190922103550p:plain


その本は、おこづかいの渡し方が書いてある本で、

①じゃんけんに買ったら〇〇円、負けたら〇〇円、あいこなら〇〇円

②学年✕100円

③一律〇〇円


など、家庭によって異なるのですが、息子が提案してきた時に、取り合ってやらなかったことが原因かな、とふと思いました。

 

 

 

案の定、息子から返ってきた言葉は、


「おこづかいが欲しかった」


でした。

 

放デイで先生に言った「キラキラしたものが好きだから」は、決して嘘ではないですが、本当の気持ちは上手く伝えられなかったのだと思います。

 


ただ、これをADHDの衝動性と結びつけて、片付けてはいけない。


社会で生きていく上で、不適切行動は個々に合わせた方法で修正すべきであり、すべてを障がい特性を理由にすることは許されないことだと思っています。


①人のお金や物を盗ることは、どろぼうであり、逮捕されてしまうこと

②一度人のお金や物を盗ってしまうと、自分がやってなくても疑われてしまうこと


このことについては、しっかりと伝え、二度としないことを約束しました。

 

 


同時に、今回のことは、親であるわたしの責任でもあります。


息子の話をきちんと聞いて対応してやらなかったことが原因の一つでもあるので、猛省です。

 


「ちゃんと話を聞かなくてごめんね」


息子に謝りました。


その上で、おこづかいについて、息子ともう一度話をすることにしました。