たくましく生きる

息子と二人暮らし。毎日いろいろありますが、人生なんとかなってます。

鈴虫寺③

鈴虫寺の正名は「華厳寺

四季を通じて鈴虫の音色を聞くことができることから、「鈴虫寺」の名で親しまれています。

通されたお部屋には、約3000匹の鈴虫の音色が響きわたり、長机には「寿々むし」と書かれたお菓子とお茶が用意されていました。

席は、先ほどお声掛けした女性と並んで座りました。


この日の説法は、ご住職ではないお坊さんがお話しされましたが、これまたテンポよく面白い。

一人漫談というか、落語説法というか。


説法内容のメインは、“3つの漢字を覚えておくこと”

①「今」

人は、過去でも未来でもなく「今」しか生きれない。

こうしている「今」も、一秒後にはもう過去です。

s-hua.hatenablog.com
間違っていないんだ、と改めて気付かせて頂きました。


②「美」

常に「美しい心でいること」

不平不満を言わず、やるべき目の前のことをすることが大切です。


③「荷」

辛いのは、心の荷物が多いから。

「荷」を下してみると、心が楽になります。


さらに、「和顔愛語」というお話もありました。

にこにこしていれば、周りに人が集まってくる。

しかめっつらをしていれば、人は離れていく。

穏やかな顔つきとやさしい言葉遣いを心掛けたいものです。

 

そして最後に。


「この3つの漢字は、覚えておくだけでとっても便利なのです」


便利な漢字・・・

「今」「美」「荷」


「こん」「び」「に」


コンビニ!!!!!

 

この説法の落ち(?)です。


上手いことおっしゃいますね。

笑いもありながら、しっかりと心に残る鈴虫説法でした。

 

続きます。